sugarbeans さいごのぽんこつ日記

calender entry comment trackback category archive link
10年ぶりの美容院のはなし
sugarbeans

ずっと髪をやってもらっていた美容師さんが、実家の美容院を継ぐとのことで藤沢の奥のほうに行ってしまった。

僕の住むところからは果てしなく遠いので気軽に行けなくなってしまい、ここ数回は妻が通っている美容院に行っていた。

しかし僕に見合わないほど素敵なところだったので、だんだん行くのを遠慮してしまい、髪は伸びる一方だった。

とうとう美容院難民になってしまい、苦しい日々を送っていたところ、ふと10年くらい前に初めて東京で一人暮らしをしたとき通っていた美容院を思い出した。

ある時、何でもいいですと言ったとき、僕の髪型をIKKOみたいな前下がりボブにした伝説の店長がいるところだ。

10年くらい経ってるから独自の路線に突入して変な髪型にされたらどうしようとか、気さくなお姉さんだった店長が難しい人になってたらどうしようとか、いろいろ考えて電話をかけるのをためらっていた。

いよいよ髪が限界を迎え、しぶしぶ予約して行ったら、むこうも覚えていて、奇跡的にちょうど10年ぶりで、店長の人柄も変わってなくて、腕もさらに磨きがかかっている感じで、結果的に最高な気分で店を後にした。

これからはこまめに行けそうなので、常に本当の姿でみなさんにお目にかかれそうである。

-
comments(0)
-
「のりくみいんの休日」のはなし
sugarbeans

昔つくった曲の中に「のりくみいんの休日」という曲があるのをとつぜん思い出した。

トロンボーンがメインのインスト曲で、たぶんいい曲だったような気がするけれど今はまったく思い出せない。


今でこそ僕は編曲屋さんみたいになっているが、音楽があふれてしようがない20代のころは、取るに足らない日記のような曲をたくさん書いていた。

そのころはまだ気軽にデモテープを作れる環境じゃなかったから、もっぱら五線紙に曲を書きつけていた。

電車の中で曲ができて五線紙がないときは紙きれの端にメモしたり、歩いているときに思いついたら家に帰るまで忘れないように頭の中で鳴らし続けたりしていた。

何かのために書いていたわけではなく、自分からどんどん出てきてしまうものをただ書きつけるしかなかった。

それらの多くは演奏されずにただの紙きれになってしまったが、いろんなバンドをやっていたのが幸いして日の目を見たものもあった。


「のりくみいんの休日」も人前で演奏したような気がしてきた。

最初はのんきな感じで、途中でテンポが速くなるってところまでは思い出したのだけど、どんな曲かは本当にわからない。

でもまあそれはそれでいいや。どうせ一生続いていくから。

いま出てくる音楽を書きつけていこう。

-
comments(0)
-
まさかの配信決定!
sugarbeans
2005年から活動を始めたsugarbeansですが、まさかの出来事が起こります。

それは、今までミディクリエイティブ/ミディで出してきた作品、

「メロンを食べる男」「ボンボヤージ!」

「手品」「Rudolf」の4枚が、

4/1より、iTunes Storeなどで全世界へ配信されることになりました。

歌詞カードにも毎回こだわっているので、本当はCDで買ってもらうほうがいいに決まっているのですが、

もう時間も経ってきてますし、こうやって気軽に音楽を買える時代っつうことで、長いものに巻かれてみたいと思います。

今まで迷っていた方にもおすすめです。

お友だちにもおすすめできますね。

入門としては「手品」ですかねぇ。

ということでこれで僕もJ-Popのスタートラインに立ったつもりで、これからも精進していきたいと思います。

よろしくおねがいします!

◎配信ストア(配信地域)

・iTunes Store(全世界)

・Amazon Music(全世界)

・music.jp STORE

・oricon

・レコチョク

・Google Play Music(全世界)
・OTOTOY (new!)

◎配信形態
ダウンロードのみとなります。

◎配信価格
単曲価格¥200
アルバム価格¥2000程度(曲数によります)
-
comments(0)
-
ナマステ
sugarbeans
今年に入ってから1月2月ととんでもなくぼーっと家で過ごしていたのがうそのように、いろんなことが起きています。
音楽を仕事にしてからけっこう経ちますが、こんなことってあるんだっていう出来事が舞い込んで来たりと、人生っておもしろいです。
昔から知ってくださっている方からするとずいぶん画期的なことだと思います。
早くお知らせしたいです。このことはまた追って。

[さいきんのできごと]
・髪の毛を急に短く切ったのを、カーネーション直枝さんに「インドのこどもみたい」と言われてけっこう長い期間ハマってくれた。ステージ上でなくても顔を合わせばナマステをするのが恒例だった。
・さらに直枝さんからいきなり「マダムマロリーと魔法のスパイス」っていう映画の主人公が佐藤くんに似てるから見てみて、とメールが来た。見たらすごくいい映画だった。直枝さんは僕をあんな風に見てるんだと思って笑った。
・自宅スタジオのスピーカーをちゃんとしたものにしたら劇的に作業が変わった。音楽を聞くのもよりたのしい。早くそうしとけばよかった。
・ちょっと前にドラムのセッティングも変えてみたらそれも劇的に叩きやすくなった。早くそうしとけばよかった。
・思ったことはすぐやらないとだめね。僕はいつも熟成させちゃうから。
・耳鼻科に行って耳のそうじをしてもらったら、普段聞こえない音が聞こえすぎて困っている。


何にも変わらない。やってることは昔から変わらないし、変わろうと思ってもそうそう変えられない。
今思いついたことをやるだけで、きっといいんだと気づいて来てる。
おもしろいことはいつも考えている。
-
comments(0)
-
Tommy & Sammyのはなし
sugarbeans

ずいぶんと遅くなってしまいましたが、11/6にTommy & Sammyのレコ発ワンマンライブを開催しました。
とても楽しく充実したライブになったなぁと、今でも興奮がよみがえります。
ワンマンはさ、レコーディングメンバーでさ、しかも堂島さんにゲストで出てもらってさ、とアルバムを作っている時に計画したことがいろいろとぜんぶうまくいって、この日を迎えられたこと、ほんとうにうれしく思います。

こちらのサイトで、この日撮ってもらった写真を公開しています。
ぜひ見てくださいね。

そしていよいよ、

Tommy & Sammyファーストアルバム"Tommy & Sammy"が、11月19日全国発売になります。
渾身の作!
最後の最後まで音にこだわって作りました。
ゆっくり長く聞ける音楽にしたつもりなので、それを感じてもらえたらうれしいです。

演奏に関しては、ドラム・鍵盤などはわたし、サミーもピアノとオルガンを、ギターは設楽博臣さん、ベースは梅沢茂樹さん(グルーヴィー担当)、時光真一郎くん(ぐっとくる曲担当)、コンガとタンバリン("列車にのって")は高橋結子さん、バックグラウンドボーカルに知野芳彦さん、そしてホーンセクションはFIRE HORNSです。

今までやりたかったけどやれなかった、ふたりだからこそ出来た音楽をつめこみまくった10曲となっています。
ぜひ聞いてみてください!

全国のCDショップで注文できますし、もちろんライブ会場(サインでもなんでもします)、そして今後はネットショップでも取り扱うことになっています(こちらはおまけ付きを予定)。
このワンマンを皮切りに、来年にはツアーも予定していますので、今後ともTommy & Sammyをよろしくお願いします!

ってひさびさに宣伝でした。どんどんライブやりますのでどこかでお会いしましょうね。

* * * * * * *
Tommy & Sammy "Tommy & Sammy"
2015年11月19日発売
Bonny Cat Records/BCRC-001/¥2,500(税抜)

収録曲
1. Everywhere you go
2. Tommy & Sammyのテーマ
3. Shiki
4. 列車にのって
5. 鳥かご
6. Best Friend
7. P
8. You make me feel...
9. Home
10. キッチン

Produced by 佐藤友亮(sugarbeans)・伊沢麻未
Arranged by Tommy & Sammy
Recorded, Mixed & Mastered by 上野洋
Photograph & Design by Sammy
-
comments(0)
-
calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem
| 1/90 | >>