sugarbeans さいごのぽんこつ日記

calender entry comment trackback category archive link
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-
波の上
sugarbeans
いつだって僕らは波の上にいる。
体の調子が悪いとき、体の調子がすこぶるいいとき。
うまく会話がつながっていかないとき、ばんばんあることないこと言葉にできるとき。
曲がぜんぜん降りてこないとき、どこまでも曲が作れるとき。
波があるからおもしろいとは言うけれど、下の部分のときってやっぱりつらい。上の感じを知っちゃってるから。
だけどここは平常心で、やりすごそう。どっちにいたって結局は同じなのだ。

*
ドラム。
打ち込みをするより叩いたほうが早いってわかっていながら、いいソフト音源を試している。
去年買ったのに、そのままにしていた。
少しずつ音の作り方がわかってきたけれど、結局は叩いたほうが早いという結論に至る。出したい音も同じだし、タイミングを直すのが面倒だし。
まぁでももうちょっとなんとかやってみる。

ピアノ。
やっぱり本物を知っちゃってるから、ソフト音源のピアノがどれを聞いてもよくできたにせものみたく聞こえてしまう。
その中でもまぁまぁ許せるものを試している。
去年買ったのに、そのままにしていた。
楽しいは楽しいんだけれど、結局はぼろぼろでもいいから本物のピアノで録音したいと思う。

ピアノにしろドラムにしろ僕が作りたい音楽は、うまく言えないんだけれど(言葉にするとすごく陳腐なんだけど)、鳴ってるところの空気の感じとか、演奏している人の感じをもにじみ出したいんだと思う。
それは、ライブレコーディングとは違う。
ライブレコーディングはだいたいお客さんの前でやるから、集中力やテンションがスタジオのときとはまるで違う。ライブは見せる音楽だから。
レコーディングスタジオが好きなのは、音楽に夢中で向き合えるところ。
もっと言うと、宅録っていうのも、僕が描いているものと違う。
やっぱり信頼している人と相談したり、見守られながら録っていくのが僕は好き。
一人だけでやってるとつまんなくなってきちゃうから。

*
さいきん少しずつ自分の中で明確になっているのが、画家や彫刻家のように音楽をやりたいということ。
先日ある展覧会に行って、すばらしい作品たちを目の当たりにして、こういう形で僕も音楽を作り続けたいと思った。
そのためにはいくつも乗り越えなければいけないものがあるけど、思い続けていればきっと実現できるのではと、めぐらせています。できるかな。70歳くらいまでには。

そんなことを思って熱くなった心を落ち着かせながら、次に自分が表現したいものは何かと、駅に向かう道すがら考えたりしています。
-
comments(1)
-
スポンサーサイト
スポンサードリンク
-
-
-
シュガーさんの音楽大好きです。

シュガーさんのライブがとても見たいし音楽が聴きたいです。
まちくたびれ : 2013/06/08 2:39 AM









calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem