sugarbeans さいごのぽんこつ日記

calender entry comment trackback category archive link
高橋徹也のふしぎ
sugarbeans
高橋徹也さんのライブのこと。
もう最初にサポートをしたのが何年前か忘れてしまったが、もう7〜8年になるだろうか。
その頃はというと、僕はまだあまりサポートライブをやったことがなく、シンセとかたくさんの鍵盤を使うのにも慣れていなかったせいか、すごく大変でいっぱいいっぱいだった。まわりのみなさんはたくさんのお仕事をされていたりで、バンドの空気にもなかなか馴染めず、ただ懸命に曲に入り込むことだけに集中していたように思う。高橋さんのことも、ちょっと難しい人だなぁと思い続けていた。
それでまぁいろんなことがあって、ここ1,2年のことだ、突如何かが変わった。僕が変わったのか高橋さんが変わったのか、そんなことはどうでもよくて、でも何かピントのようなものが合いだした(今までが別に合ってなかったわけではなくて、いくつもいいライブはあったと思うけれど)。
ひとつ思ったのは、高橋さんがある時からすごくオープンに物事を見ているような感じがして、それに気づいてからは僕もそれに引っぱられていったのかもしれない。
見てくれているみなさんには些細な違いかもしれないが、去年くらいからのライブは回を重ねるごとにもう自分でも驚くような変わりようだった。そんな中での日曜日のレコ発ライブツアー最終日。思いの方が先に立ってしまった部分もあるが、確実にもう戻れないところまで来ているかのようなステージになったと思う。しかも、ホーンセクションに入ってもらっての「新しい世界」をやっているときに思ったのは、戻れないけど先にはまだまだいけると思った。
僕は高橋さんのこれまでの18年を全て知っているわけではないし、僕なんかは途中から乗って来た若造ですが、どんな速度で走っているのかどこへ向かっているのかはわからないけれど、きっとおもしろいことが待っていそうなこの列車に乗り込んでしまった以上、行けるところまでは一緒に行ってみたい。
そんなことを思いながら、準備は完璧だけど片付けが苦手な高橋さんの天然ぶりに思い出し笑いをしている。

(何かの曲のソロを弾いているとき、会場がうぉーっとなったあのどよめきは忘れられません。うれしかったです!)

※追記
初めてサポートしたライブは2005年の11月でしたので、9年ですね…
-
comments(1)
-
スポンサーサイト
スポンサードリンク
-
-
-
先日のライブもこのエントリーもとても心に響きました。ありがとうございました。
mpc2000dgmr : 2014/11/07 2:47 PM









calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem