sugarbeans さいごのぽんこつ日記

calender entry comment trackback category archive link
カマシの魂
sugarbeans

最近はKamasi Washingtonに体が完全に持っていかれている。
ポップスやロックの仕事をしながらも、体はカマシだ。
カマシのことをインターネットのヤホーで調べたら、生まれ年が同じだった。まじかよカマシ。
50歳くらいまでにこんなアルバム作ってみたいなーなんてのんきなことを思ってたけど同い年かよカマシ。
昨日も新幹線の中でずーっとカマシにどっぷり浸かっていた。
最新作とその前は平気で3枚組だし、何人いるんですかこれっていうくらい豪華なミュージシャンの人数と、恍惚なメロディーと鮮やかなオーケストレーション、カマシのたまらないサックスプレイ、もうこれは完全にユニバースだ。
ユニバースなんだ僕が到達したいのは。言葉にするとばかみたいだから誰にも言ったことないけど。
最初からすでにユニバースに手が届いているかのようなサウンドだ。すごいカマシ。
あー早くまたカマシを聞きたい。今は手元にカマシがない。
カマシ。カマシ。カマシ。
僕もユニバースに近づきたいけど、どうすればいいんだ。教えてくれカマシ。


それはそうと、僕は前出したアルバムから7年も経ってしまったから、そろそろ作らなければなと思っているところ。
ただ、今作るとカマシみたいになってしまいそうなので、すこし落ち着いてからもう一度考えよう。
あぁでもそれもそれでいいなぁ。
僕だったらこの手が届きそうで届かない感じを作品にできればいいなと思う。

-
comments(0)
-
スポンサーサイト
スポンサードリンク
-
-
-









calendar :::: entry :::: comment :::: trackback :::: category :::: archive :::: link admin :: profile :: RSS1.0 :: Atom0.3 :: jugem